シリコンについて

シリコン(シリコーン)は、化学反応によって作られる完全人工物です。

多くのスキンケアやヘアケアに広く使われています。
髪に対しての作用は、キューティクルに付着しコーティングすることです。
手触りの向上、ツヤを出すなどといった効果があります。

シリコンは疎水性(そすいせい)のものに優先して吸着する性質があります。

疎水性とは、水になじみにくい性質のことで、例えば髪の皮(キューティクル)がそうです。

なので軽度のダメージ部、つまり枝毛などを接着するにはいいのです。

しかし、キューティクルが剥がれてしまうほどのダメージには健康な部分にばかりついてしまうことになります。

これが重なると髪が硬くなったり、変にうねったり、髪の内部が乾燥し続ける原因に。

また、カラーやパーマや縮毛矯正がかかりにくい状態にもなってしまいます。

原因不明でケミカル施術が思い通りにいかなかった美容師さんも少なくはないはずです。

不可思議にパーマの軟化が上手くいかなかったりカラーの入りがおかしかったりという現象はここ数年多くなってきているとたくさんのお声をいただいております。

シリコンが含まれている市販の安い商品や美容室専売品でも多くありますが〇〇配合とかサラサラになるとか、〇〇エキス配合でシルクのような手触りなどと宣伝していますが、ほとんどがこのシリコンの手ざわり・ツヤなんです。

安価な原価成分でダメージヘアなども手軽に手触りを改善させることができるので非常によく使われます。

しかしその効果は髪の表面をコートするだけで、髪の内部を補修したり、浸透して保湿するような効果はありません

そのためシリコンに頼ったヘアケアを続けていると知らず知らず髪の傷みを進行させてしまうことになるのです。

シャンプー、リンスを使っていて、最初は良かったものの継続して使っていると次第に仕上がりが悪くなってきた、という場合シリコンの影響の可能性が高いのです。

シリコンの継続使用は結果として髪質の悪化・痛みを招くと当社では考えます。

シャンプーやリンスで毎日継続して使うことが特に問題があるのです。

髪だけでなく頭皮に残留すると肌荒れの原因にもなりますので問題です。

シリコンを少量くらい配合して洗い心地や付け心地をよくする程度なら良いのではないかという見解もありますがシリコンでなくてもシリコンを配合させている商品のような手触り・洗い心地にできる安全な天然成分や保護成分はたくさんあります。

ただシリコンは安価な成分なので商品に使われやすくなっているだけで原価を上げてでもフォローする成分を配合しノンシリコンにするに越したことはありません。

ノンシリコンであり補修・保護成分が豊富な商品が、髪質向上・補修の近道であり本物だと考えます。

ですので当社では一切シリコン成分は使用しておらず補修・保護成分を高濃度で配合し髪の芯から補修しシリコンに頼らなくてもいい製品となっております。

シリコンを使うのをやめたからといって、すぐに髪質が向上するものではありません。

シリコンが剥がれた時に本来の髪が露出し、一時的に手触りなどが悪くなるときがあります。

好転反応とでもいいましょうか良くなる前に一度悪いものを出したり表面化するものでずっと続くものではありません。

そこで根気強くノンシリコンで補修効果の高い商品を使い続けると、髪本来の自然な軽さやツヤが出てきます。

シリコンの表示名

ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン
これらが成分名の一部にでも入っていたらシリコンです。