SALON MENU

お取り扱いサロンのみでおこなうトリートメントメニューのご案内です。

これまでのサロントリートメントメニューの概念を打ち破るメニューとなっています。

よくあるシリコン成分にシリコン成分を塗り重ねてコーティングし手触りをうわべだけ良くするというものではなく、内部補修をメインに考え髪の内側に髪の元になる成分や補修成分を高濃度に入れ重ねて詰め込み、高成分の保護成分で閉じ込めながら表面も保護し本来の髪の美しさを取り戻していきます。

 完全ノンシリコンのサロントリートメントメニューです。

使用製品は美容室専用トリートメント【凄潤】と業務・店販併用製品【凄泡】 【凄艶】 【凄水】です。
仕上げで使用する【凄水】はそのままですがトリートメントメニューや前処理などに使用する【凄水】は2:3の水での希釈で大丈夫です。(凄水200mLだと水300mLで合計500mL)


STEP1
まず【凄泡】でよくシャンプーをします。
(ここで髪や頭皮に付いた汚れ・シリコンなどを取り除きながらシャンプーに含まれたトリートメント成分も入れていきます。)


STEP2
一度よく流ししっかりとタオルドライをします。


STEP3
【凄潤】を髪全体に塗布しコーミングします。そしてその上から【凄水】を髪全体に吹きかけコーミングします。(約1分間)
 (ここで高濃度トリートメント【凄潤】で髪内部の奥の奥まで浸透させ【凄水】によって更に内部での定着させます。)


STEP4
軽く流してしっかりとタオルドライをします。


STEP5
【凄水】を全体に吹きかけコーミングします。その上から【凄艶】を髪全体に塗布しコーミングします。(約1分間)
(ここで更に【凄水】を使用して髪内部に栄養を与えつつ【凄艶】の栄養分吸収と髪表面への保護形成を助けます)


STEP6
軽く流してしっかりとタオルドライをします。


STEP7
【凄水】を吹きかけブロードライします。


終了です。

UP FATの製品はすべて1プッシュで1gまたは1mLしか出ないポンプを使用しています。

ほとんどの製品、特にサロン業務用は1プッシュで3gまたは3mL出るポンプが使用されています。

なぜUP FATでは1プッシュが1g・1mLのポンプを使用しているかというと使い過ぎの防止と使用塗布量のわかりやすさです。

UP FATの製品は高成分・高配合・ノンシリコンですので使いすぎて良くなるということではありませんし使いすぎはただの無駄使いで喜ぶのはお客様でも美容師でもなくメーカーだけです。

美容室のほとんどで使用されているシリコン配合のサロントリートメントとは違い完全ノンシリコンですのでシリコン製品と比べ粘度も緩く伸びが良いので更に少ない量で済みます。

シリコン配合のトリートメントはロングのお客様で1アイテムを20g・20mL使用することを薦めているところが多いですがUP FATではロングのお客様で1アイテム10g・10mLの使用量(半分)で大丈夫だとしています。